女性に理屈は通じない、感情の生き物と割り切ることが大切

女性に理屈は通じない、感情の生き物と割り切ることが大切

時として、女性理屈通じないことがあります。

 

 

 

例えばあなたが、

 

「こうこうこうだからこうなってこうなるからこうだろ?」

 

と正論を言ったとしても、女性からすると「はぁ?何それ?」となることがあるのです。

 

 

 

論理的に説明してもそれを受け入れられない女心。。。

 

 

 

その女心を理解しておくことが、女性と付き合い、恋愛、結婚する上で大切なことです。

 

女性はその場の感情で動く生き物

 

女性はよく「感情の生き物」と言われます。

 

 

 

例えば、男に浮気疑惑がある時、、、。

 

 

 

女はよく、

 

 

怒らないから昨日の夜、どこに行っていたか教えて。」

 

怒らないからスマホを見せて。」

 

怒らないから誰と電話で話していたか教えて。」

 

 

と言います。

 

 

 

「怒らないから、」と言っていますが、こういう時、男が正直に話すと女は確実に怒ります。(^_^;)

 

 

 

「怒らないから」と自分が言ったことよりも、男が話したことに対する怒りの方が感情がまさってしまい、怒るのです。

 

 

 

女が怒った後に「お前、さっき怒らないって言っただろ!」と言っても後の祭りです。。。

 

 

 

言ったその場から約束を破る、、、

 

 

 

それが女性は感情の生き物と言われる理由です。

 

 

 

また、以前ご紹介した『惚れさせる方法 - 女を酔わす雰囲気作り』も、こういうその場の感情に流される女性心理が大きく左右しています。

 

 

 

 

 

 

 

このように男が論理的に理屈を説明しても女には通じない心理があります。

 

 

 

これは恋愛中でも結婚後でも変わりません。

 

 

 

女はその場の感情で動く生き物なのです。

 

 

 

このことをよく理解して女とお付き合いすれば、無駄なケンカを避けることができます。

 

 

 

長く仲良しでいるためにも、この女性心理をよく理解して「この子はこういう人!」「こういう性格!」と、時には割り切ることを覚えておきましょう!

 

 

 

 

 

と言っても、、、

 

 

 

男も脱いだ靴下をその場に脱ぎ散らかしたり、読んだ新聞をソファーの下に置いたままにしたりと、夫に対する妻の不満は多いようです。(^_^;)

 

 

 

妻が何度注意しても聞く耳を持たない夫、、、、。

 

 

 

理屈が通じない、その場の感情で動く生き物というのは、お互い様なところがあるのかもしれません。

 

 

 

注意しましょうね〜\(^_^)/

女性に理屈は通じない、感情の生き物と割り切ることが大切関連エントリー

年上女性が年下男性を好きになる瞬間と心理
よく食べる男はモテる?
男は結果を求め、女は過程を大事にする
女には必要とされたい心理がある − 口説くコツ
デートにわざと遅刻する女の子の心理
黙ってキスしてほしい女心と黙ってすると怒る違い
落ち込んでいる女性の心理と励まし方
追いかけたい女の心理
根に持つタイプの女の心理
素っ気ない態度をとる女性心理
好き避けする女の態度や行動の特徴
察してほしい女心と女の心理
女性の嘘つきな恋愛
傷つく言葉で無視する女心
女子が思う男子力がアップする態度
恋愛 安心感のある人が好きな女性心理
年下の男に告白された年上女性の心理
彼女への思いやりを忘れると女心は冷める
女心 影のある人が好き その魅力と特徴
決断は早く 優柔不断はNG
好きにさせる極意
女心をくすぐる男の魅力
守ってほしい女性心理と男らしさ
女性とケンカしたときの仲直りの仕方
女性が尊敬する話し方
女性が冷める男の態度
女性が好きになる心理
女性を口説くお金より魅力的なもの
頼りがいのある男の特徴
女心 安心感の感じ方
女性にとって落ち着く人とは
趣味がゲームの男に対する女性心理
女性がルックスにこだわらない理由
女性の結婚相手の決め方
女性が好きになってしまう男
女性がプレゼントとして本当に欲しい物