女性との会話で聞き上手になるコツ

女性との会話で聞き上手になるコツ

女性との会話で聞き上手になることは、女心をつかむ上で大切なことです。

 

 

「この人は、私の話を真剣に聞いてくれている!うれしい!」

 

 

こう思われることが、恋愛に発展する第一歩でもあり、きっかけにもなります。

 

 

そこで今回は、好きな女性から好かれるための聞き上手になるコツをご紹介します。

 

 

目を見る

 

女性の話を聞くときには、目を見ることが大切です。

 

視線を離して聞いていては、女心としては真剣に聞いているとは思えないですし、よそ見をしているように見えて不愉快に思うこともあります。

 

 

あれです、会話中に相手がスマホをいじっていたら不愉快に思いませんか?

 

そういう意味です。

 

 

 

あまりにもじっと目を見続けると女性も目のやり場に困るのでいけませんが、適度に視線をはずしながら女性の目を見るように意識しましょう。

 

 

うなずく

 

うなずく(相槌をうつ)ことは、相手の話をちゃんと聞いているという意思表示になります。

 

じっとして何も動かないでいると、それはそれで「この人、あたしの話、聞いてる?」と不安になります。

 

女性の話を聞きながら適度にうなずいてあげて、会話をきちんと聞いているとアピールしましょう。

 

 

よそ見をしない

 

先ほどの”目を見る”でもふれましたが、会話中によそ見をされると女性から真剣に話を聞いているとは思われません。

 

会話中にスマホをいじっていたり、周りの女の子を目で追っていたり、パソコンを操作していたり・・・。

 

 

好きな女性の話を聞くときは、彼女の気持ちをすべて受け止めるつもりで、目をしっかり見て聞きましょう。

 

 

時々質問

 

ずっと女性の話に耳を立てて聞くのもよいのですが、会話のアクセントとして時々質問するとよいでしょう。

 

質問する内容は、そんなに深いものでなくてよいです。

 

相槌程度に質問するつもりでOKです。

 

 

「あなたの話を聞いていますよ。」というアピールするくらいでよいでしょう。

 

 

時々オウム返し

 

オウム返しすることも相手の話を聞いているというアピールをするにはよいでしょう。

 

会話の中でのオウム返しとは、相手の言った言葉を繰り返し言うことです。

 

 

女「最近友達とケンカしたんだ・・・」

 

男「ケンカしたのか・・・」

 

 

女「職場の上司が性格悪い人でね、もうイヤになっちゃう!」

 

男「性格の悪い上司、いるよね〜」

 

 

こんな感じで女性の言った言葉を繰り返して言うと「この人はちゃんとあたしの話を聞いてくれている!」と話しながら心地よくなるでしょう。

 

 

 

ただし、あまりにも頻繁にオウム返しをすると女性心理としては、「マネをされている」と不愉快な気分になるので、頻度には注意が必要です。

 

あくまでも女性に意識されないように自然にすることが大切です。

 

 

 

 

ここまで女性との会話で聞き上手になるコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

いろいろなテクニックがあるので、1つずつマスターしていくとよいでしょう。

 

 

女性はよくしゃべる生き物です。

 

女性と恋愛、結婚すれば、ずっと話を聞くことが続きます。

 

長く仲良しの関係でいるためにも、女性の話の聞き方のコツをここでマスターしておきましょうね〜^^

女性との会話で聞き上手になるコツ関連エントリー