女性との付き合い始めのメールの内容と頻度

女性との付き合い始めのメールの内容と頻度

女性との付き合い始めメールの内容と頻度には、悩む人も多いようです。

 

どんなメールの内容で送れば迷惑じゃないか、メールの頻度が多いと嫌われてしまうのでは?でも、少ないのも物足りないとか思われるのでは?と付き合い始めのメールのやりとりには、いろいろと不安はつきものです。

 

今回は、女性との付き合い始めのメールの内容と頻度についてご紹介します。

 

 

 

まず、付き合い始めのメールは長文は避けましょう。

 

女性心理に重い印象を与えます。

 

用件は2、3つほどにし、1つのメールであまりにもいろいろなことをたくさん書くのは控えてくださいね。

 

女性もメールを読むことが重荷になります。

 

メールの内容は、とりとめもないこと(天気のことや今日あったこと)などを入れて、女性をリラックスさせてあげるくらいの内容にしましょう。

 

女性があなたのメールを読んだときに微笑ましいような気持ちになるメールの内容を心がけるとよいと思います。

 

また、毎回だと女性も疲れますが、たまに質問文を入れると女性からの返信をもらいやすくなります。

 

でも本当にたまにですよ。たまに。^^;

 

あまり何度も質問文を入れるとクドイ男、しつこい男と思われてしまいます。

 

質問文は自然な感じでメールに入れるようにしましょう。

 

 

一番いけないのは、女性からのメールの返事に対してあなたが「そうだね。」とか「へぇ〜。」で話が続かない、終わってしまう返信をしてしまうことです。

 

男がやりがちな返信メールなので、あなたも気をつけてください。

 

女性も返答に困ります。

 

 

メールの頻度について女性に直接きいてみましょう!

 

中にはメールがあまり好きではない女性もいます。

 

ほとんどの女性はメールをもらうことが愛情表現と受け取る人が多いので、大丈夫と思いますが、1日に10通もらうとウザイ!という女性もいます。

 

メールの回数については、付き合い始めの内に聞いておいたほうがよいでしょう。

 

でも、あまりメールに依存するのは注意してくださいね。

 

できれば直接会って会話するのが一番です。

 

メールはあくまでも恋愛の補助的道具という認識でいましょう!

 

やっぱり女性心理としても直接会って話す言葉の方が心に響きます。

 

好きな女性への愛情表現をうまくやってみてくださいね!

 

あなたは女性とのメールのやりとりを上手にできますか?

女性との付き合い始めのメールの内容と頻度関連エントリー