優柔不断な男の特徴 - 優柔不断と思われる行動

優柔不断な男の特徴 - 優柔不断と思われる行動

優柔不断な男特徴として代表的な行動は、「レストランでメニューを決められない」です。

 

 

 

「このグラタンもいいな。。。。でも、このハンバーグもおいしそうだな。。。」

 

 

 

と料理を決めるのにいろいろと迷っていると、女性から「優柔不断な男ね・・・」と判断されます。

 

 

「何を食べるかくらいゆっくり考えさせてほしい」と思うかもしれませんが、女心からすると”決断が遅い=優柔不断”になるのです。

 

なので、レストランでメニューを決めるときは、できるだけ直感即決で決めることが大切です。

 

 

できるだけ目の前にいる女性(彼女)より決めるのが遅くなることは避けましょう!

 

 

 

またこの決断力の遅さは、レストランのメニュー選びだけとは限りません。

 

似たようなことでは、

 

  • デートの行き先を決めるとき
  • デートの日程を決めるとき
  • 何の映画を見るかを決めるとき
  • 何のアトラクションに乗るかを決めるとき

 

など、決断が必要になるときのすべてにおいて言えます。

 

選択が必要になったときは、あまり長時間考えず、女性の意見を聞きながらすばやく決めることが大切です。

 

 

勘違いされる思いやりや気遣いの仕方

 

”優柔不断な男”の定義としては、”なかなか決められない、迷う時間が長い男”というイメージが一般的ですが、それ以外にもあります。

 

男にとって意外なのが、女性に対する”思いやり”や”気遣い”が、優柔不断な男と判断されてしまうことです。

 

 

 

例えば、あなたが彼女が喜ぶことをしてあげたいという思いやりの気持ちから、彼女に

 

 

 

「ランチは何が食べたい?」

 

「デートはどこに行きたい?」

 

「今度の休日は何がしたい?」

 

「誕生日プレゼントは何がほしい?」

 

「プロポーズはどんなかんじでしてほしい?」

 

 

 

などと聞いたら、彼女から”優柔不断な男”と判断されてしまいます。

 

 

このときの女性心理としては、

 

 

 

「なんで決めてくれないの?」

 

「私が決めることに責任を感じるから重い・・・」

 

「自分で決めてよ!」

 

「あなたが考えてくれるから嬉しいのに・・・」

 

私が言ったことをしてもらっても嬉しくない!

 

 

 

という気分なのです。

 

 

女性心理にとって”決断する”というのは苦手なことで、

 

 

と思っています。

 

 

なので、女心としては、「決断は男がすべき!」と思っている女性が多いです。

 

 

また、「自分(女性)が言ったことをしてもらっても感動が薄れるから嬉しくない」という気持ちにもなります。

 

 

 

このような理由から女性に対して思いやりや気遣いでした行動が、”優柔不断な男”と判断されてしまうのです。

 

つまり、”自分で決められない男 = 優柔不断な男”という定義になるわけです。

 

 

 

この行動は、特に優しい男がしがちなことなので、特に注意が必要です。

 

 

 

 

 

優柔不断な男が嫌いな女性や彼氏が優柔不断で悩む女性は多いです。

 

まず女心がどんな男の行動が優柔不断と思っているかを知ることが大切です。

 

今回ご紹介した主な2パターンをよく理解して、優柔不断な男と思われないようにバシッと決める男をアピールしていきましょう!

優柔不断な男の特徴 - 優柔不断と思われる行動関連エントリー